<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

林道はいかい

7月24日 XTで走りに行く予定が朝から霧雨、あきらめていたが10時ごろから雨が上がり、空も明るくなってきたので急いで準備をはじめ、出発は11時を過ぎていた。
f0363741_12100702.jpg
とりあえず、スプリングバレーに行って様子をみようと高野原林道へ向かう。  いつものように山の神様に手を合わせ林道へ入る。
f0363741_12171606.jpg
スプリングバレー手前の崩落現場、雨上がりでぬかるんでかなりヤバイ。
f0363741_12215250.jpg
 先月に通った時と状態は変わっていない、手前の三差路のバリケードは倒れたままだし、復旧はいつのことやら。
f0363741_12223263.jpg
スプリングバレーのロータリー前、家族ずれなど大勢いたが、ライダーの姿はナシ。ナビの標高690m地点。
f0363741_13370708.jpg
.桑沼を通り前回行かなかった桝沢林道へ入るが、桑沼のさきに通行止めのバリケードが出現、よく見ると、左の竹藪の中に山バイの轍を発見、だめなら戻ればいいやと思い突入, (全て自己責任です。)が、ぬかっていたのと轍にはまり、おまけに木の根に後輪が引っかかりスタック、悪戦苦闘10分、ソロはつらいです。何とか脱出、途中でスズキDR氏に遭遇、互いに路面状況を交換。誰もいない山の中で人に会えるとうれしくなります。DR氏の情報どうり路肩が一部崩落した所があったが難なく通過。旗坂キャンプ場側はバリケードはあるもののロープが木に引っ掛けてあるだけ、登山者のため❔。
f0363741_13460586.jpg
キャンプ場からは県道147号を下り、嘉太神林道へ. 林道入り口、天気が良いとロードバイクがこの付近を走りに来ているが、死亡事故も起きており、お互いに気を付けて走りたい。  
f0363741_12211664.jpg
この林道は迷うところが何か所かあり、主な所をUPしておきます。                          養魚場を過ぎてのポイント この三叉路は本線は左へ。右に入り橋を渡ってしばらく行ってピストン。
f0363741_12225851.jpg
次のポイントは左側の登りが本線、右はいきどまり。
f0363741_12231661.jpg
  林道を下ったところの三叉路。ここは右が本線、左側に上ると赤崩山中腹の平地にでます。
f0363741_12234203.jpg
あえて左に進むと下のような平地があります。
f0363741_12240644.jpg
そのまま進むと、舗装路になり、下って行くとトライアルをしているところがありその先に先の三叉路を右に下ったところに合流します。
f0363741_12242959.jpg
そのまま下れば南川ダムに出ます。南川周辺もバイクの姿はナシ。笹倉山の西側を巻いている林道へ向かうが途中でまたもや通行止め。
f0363741_12251552.jpg
諦めて撤収、宮床を経由して帰宅。この日の走行距離 76㎞
[PR]
by haikai-cubjyi | 2016-07-27 10:18 | Comments(0)

駒の湯温泉に行ってきた。

7月10日、久々の晴れにリトルで、駒の湯に向かいました。6:20出発、晴れて来たせいか車が多いようだ。富谷ジャンクション付近。
f0363741_14405170.jpg
1時間ほど走り、池月のあ・ら・伊達な道の駅に到着、改装中で営業時間前だが、中に24時間オープンのコンビニもあり休憩する。
f0363741_1451888.jpg

文字集落の二連水車前に8:30到着、今日はバイクも多い。
f0363741_14565560.jpg
途中の荒砥沢ダムにて、
f0363741_14592176.jpg
ダムの上まで上がってくると、2008年の「岩手・宮城内陸地震」で大崩落した山ハダが目に入り、痛々しい。
f0363741_1554231.jpg
9:20 駒の湯着、
f0363741_1510299.jpg
この場所も、内陸地震の時に土石流に見舞われ、7名の方が亡くなり、全てがなくなったが、足湯から始まり、昨年秋に小さいながらも湯小屋をオープン。
f0363741_23475563.jpg
四・五人も入ればいっぱいになる小さな温泉だが、約38℃のぬるめの湯は大好きである。
f0363741_033558.jpg
現在、食事処兼休憩室を建築中で7月末の完成予定だが、オープンしたらおいしい蕎麦でも食べにまた訪れたい。すべてがなくなった駒の湯だが、ここまで再生をさせた湯守の菅原ご夫妻はじめ、関係者の方々の熱意と努力に頭が下がる思いです。これからも、緑の復活のための植樹など、いろいろ大変な事だが、心よりエールを送りたい。          駒の湯公式サイト http://komanoyu.net/
f0363741_0423371.jpg
帰りは栗駒山のいわかがみ平まで登り、築館を経由して長沼フートピア公園に立ち寄り、小牛田を経由して帰路に。
f0363741_1162730.jpg
今回の走行距離 232.5㎞ 燃費 44.97km/L
[PR]
by haikai-cubjyi | 2016-07-12 01:20 | Comments(0)

よみがえれミニトレ②

レストアのための解体も進み、フレーム、エンジンのみとなり、フレーム塗装をしたいがあいにくの梅雨空、今しばらくは作業は小休止状態、
f0363741_10455417.jpg
f0363741_10535148.jpg
f0363741_10562165.jpg
梅雨が明けるまでは、家の中で、ゴソゴソ部品のレストアをやるのみ。上の画像のリヤサスは純正から、カヤバに交換してあった。 以前に見た映画で「世界最速のインディアン]の中で、1920年製のインディアンのピストンを鋳造するシーンがあったが、そこまでは出来ないが自分でできるレストアは可能な限りトライするつもりである。    心に残る素晴らしい映画である。
[PR]
by haikai-cubjyi | 2016-07-05 12:27 | Comments(2)